夢塾 ~私の夢探し~

人生を豊かに変える毎日の気付きを書き込みます。

タグ:ネガティブ

お休みなので、ゆっくりとした朝を迎えています。

私は夏生まれだからか、寒い冬より暑い夏が大好きです。
そんな私も、いささか今年の夏は”熱すぎ~!”と大声を出してしまいそうです。

今日はセルフイメージを高めることをお話しします。

セルフイメージとは"自分が思う自分の姿"です。
以前、このブログでも「過去は変えられるが未来は変えられない。」という話をしました。
エッ! 逆じゃないの?
と、思う人は大勢いらっしゃるでしょう。私もその一人でした。

人はそれぞれ、大小のトラウマを経験して今に至っています。
思いがけず人に嫌われたり、
頑張っても成果が出なかったり、
小さな時から孤独な環境であったり、
貧しかったり・・・

これらは悲しく、辛く、寂しいことですが受け止めなければならないことでも有ります。
そんな時、人は”だめだ”とか”一人だ”とか思い込んでしまいますね。
そして、あの時こうだったらとか、この時こうだったらと過去を変えることを繰り返してしまいます。

でも、考えてほしいのは、悲しく、辛く、寂しいことにとらわれ続けていると、セルフイメージを低くしてしまうと言うことです。
そして、低くなったセルフイメージが未来を変えられなくしているように感じるのです。

人に嫌われてもそれが利己主義から発したことでなければ良しとする。
頑張っても成果が出なくても頑張ったことを良しとする。
小さな時から孤独であっても、孤独から抜け出すことの幸せを知り、孤独な人の心の痛みが分かることを良しとする。
貧しければ、悪にも善にも利用できるお金の価値を知っていることを良しとする。

そう考えると、ネガティブな思考が有ればこそ、ポジティブな思考に変わることができように思えてくるのです。

利他主義をみがくイメージを持つ
頑張り続けられるイメージを持つ
いつも仲間がいるイメージを持つ
生活プラスアルファーのお金で、社会に貢献するイメージを持つ

少しずつ良いイメージを積み重ねることによって、知らないうちに、セルフイメージが高められる気がしてきました。

周りいるセルフイメージの高い人に何か頼み事をしてみてください。
自分が求める物以上の結果が得られることでしょう。

プライドが高いのではなく、本質的なセルフイメージを高めていきたいと思っているのです。





今日は、ネガティブ思考の話をします。

昨日、某国立大学医学部の教授をしてあられる先生と食事をしました。
その中で、興味深かったのはネガティブ思考が未来を作るという話です。

それば、どういう事かというと
ある道を歩いていると”蛇”に出会ったとします。
そうすると、人間は次にその道を歩くときには
「ここには、蛇がいるかも? 気をつけよう!」と、考えるのです。

それは、一種のネガティブ思考らしいのです。
だって、ポジティブ思考は”どうにかなる”と考えてしまうからです。

このネガティブ思考があるからこそ、人類の長い歴史が継続されたとおっしゃるのです。

なるほど!

その先生がおっしゃりたかったことは、ネガティブとポジティブのバランスではないかと思います。
確かに様々な危険や逆行に人間はさらされ、その中で学ぶ事は必要です。
そして学ぶ事がその人間を大きくしていくのだと思います。
これが”備える”ということになります。

”備えあれば憂いなし”
ネガティブ思考すれば憂い(心配や不安)は、なくなるのかもしれません。

ネガティブ思考になるときは、これが”どのような備え”となるのかを考え、心に刻む必要がありそうです。
今日からは、ネガティブである事も一つのチャンスと考えることができそうです。
”ネガティブに学び、ポジティブに生きる”

先生、貴重な気付きをありがとうございました。


このページのトップヘ