夢塾 ~私の夢探し~

人生を豊かに変える毎日の気付きを書き込みます。

カテゴリ:

大好きなコーヒーの豆を、月に1度買いに行くお店があります。
そのお店に行くとオーナーの男性と、30分1時間と話をしてしまいます。

彼は、私が偶然知り合った年下の女性の同級生でした。

ある日、私は偶然の出会いのすばらしさを思いながらそのお店を訪ねたとき、
彼からこんな話を聞くことができたのです。

「今度お店からDMが届きます。その葉書持ってきてくれると、少しお安くなりますから・・・」
「そうなんだ。ありがとう。」「エッ!、お店開いて何年ぐらいだっけ?」
「もうすぐ10年になります。」
「へ~!凄いね。この時代の10年間・・・事業を続けられて事は意味があるよね。」
と話す私に、彼はこの事業を始めるきっかけになったある出会いの話を始めたのです。

彼は、ある会社をリストラされ、途方にくれていました。
幸いにも、ご両親は健在で実家で過ごすことができますので、さしあたり衣食住には困りません。

でも、人生これからという時に大きな壁にぶつかったのです。
サラリーマンとして働くべきか、何か事業を始めるべきか?
でも、俺に事業なんてできるんだろうか?

そんな時、いつも訪ねるハローワークとは少し離れたところを訪ねてみたのです。
そこでもこれと言った職は見つからず、帰る途中に”自家焙煎コーヒーの店”が目に入ったのです。

ここに寄ってみよう!
彼は運命の糸に引き寄せられるようにそのお店に入ったのです。

店内を見ながら、意を決してそのお店のオーナーと思われる女性に声をかけました。
「自家焙煎コーヒーのお店をやってみたいと思ってるんですが・・・・」
彼の突然の問いかけに、女性オーナーは驚きましたが、彼の切実な思いをくみ取ったのか
その地域で幅広くその事業を展開しているあるオーナーを紹介してくださったのです。

それから彼は、その紹介されたオーナーのお陰で半年後にはお店を持つこととなったようでした。

出会いから半年間は夢物語のような展開だったのです。
それは自分の力だけでなく、支援の輪が広がる・・・
自分の夢があきらめないのではなく、あきらめきれなくなる瞬間でした。

そして、彼は最後にこう言ったのです。
「だから、この事業は続け続けて行かなければならないと思ってるんです。」
「それが、その人に見せられる自分の感謝のしるしだから・・・」

人は毎日、様々な人との出会いがあります。

心にいくつもの種を持ち、芽が出ないその種にも水をやり続けよう。
そうすれば、いつかその種に合った栄養が”ぽたり”と一滴、その種に落ちてきっと大きな実を結ぶこととなる。

そんな、夢を見たた朝のような、すがすがしい感動と感謝に包まれたのです。

大勢の、人生を楽しんでいる人たちに出会っています。

楽しんでいるように見えるのですが、その実は凄く大きな壁に挑んでいるのです。

不思議ですね。人間は壁にぶち当たったとき、悩み苦しみ押しつぶされて、精神までも病んでしまう人も多いと言うのに、
その人たちはその壁を、楽しんでいるように見えるのです。

そんな人たちは、”何のために・・・”を持っていると感じています。

”何のために・・・”この人を支えるのか?
”何のために・・・”この事業をしているのか?
”何のために・・・”現実を変えようとしているのか?

その人たちは壁に挑む途中で、”何のために・・・”が、必ず自分以外の誰かの為だと気付いているのです。
漠然とした、誰かのために今の自分を活かすことを考えている。
活かしきることを考えている。

「自分が挑んでいる壁は必ず社会のためになる。」と、信じているように思います。
そんな人たちは仲間を大切にし、自分の”夢”を語ります。

人生を楽しでいる人たちとの出会いに、感謝しています。
そして、私も壁に挑んで行きたいと思っているのです。

楽しく人生を謳歌するために・・・


今年初め、「iTune」の「podcast」に興味を持ち、その中から、鶴岡秀子さんの「夢実現の法」というサイトを聞き始めました。

小気味よく楽しい話の中から、毎日がワクワクとしている”つるちゃん”の生き方に聞いている私まで楽しくなってきました。

楽しそうな”つるちゃん”の生き方も、よくよく聞いてみると想像を絶するような困難な事の連続です。
でも、”つるちゃん”の人生がはためから見ると、順風満帆なように見えるのは彼女の夢のイメージがそのときそのときにはっきりと描ききれていて、その通りに進めて行くからなのなと思っています。

「棚からぼた餅」の人生なんてあり得ないのでしょう。
いえ、あり得ないと思っていた方が良さそうです。

そんな、こんなで私の人生も動きだし、
先日、ふとしたきっかけから鶴岡秀子さん本人にお会いすることができました。

本当に気さくで、周りを気遣い楽しい雰囲気を作り出す・・・
ただ、ただ、楽しいではなく、いつの間にか彼女の”夢”の話に聞き入ってしまう。
そんな、興味深い方だったのです。

今、彼女が始めている三つ目の事業は「伝説のホテル」と言う、千葉の九十九里に建設するホテル事業です。
5~6年前には何もない白紙の状態から、ご自身が描いた”7つの教え”だけを頼りに、
敷地の誘致、資金集め、設計図、住民の同意・・・
そんな、困難な事を断られ続けながらも最後にはすばらし方々との出会いが待っている。
進めれば進めるほど、彼女のフォロアーが増えて行き、すばらしい仲間が後ろから、横から彼女を支えていく。

彼女はその時々で、まっすぐ前を見つめる素直な視線で語り続けているのです。
その”夢”のすばらしさを・・・
その”夢”の先にある社会貢献を・・・
その”夢”の先にある笑顔を・・・

”夢”は子供が描くことだと思っていませんか?
大人の本気の”夢”は、これほどの影響力を持つものなのだと感動したのです。

本気で、何かに取り組むみ、あきらめず試行錯誤を繰り返しながら続けて続けて続けきること。
そんな、本気の姿勢の大切さを学ぶ事ができた出会いに感謝しているのです。

可愛い笑顔の人がいます。
その方の来し方を、お話しする機会がありました。

ほんの数分間、笑顔の中でお伺いした話は壮絶な人生でした。

生まれて間もないときに、両親が離婚し寂しい子供時代を過ごされたようです。
そして、結婚され一人目の子供が1歳の時、つとめていた工場で背骨を骨折する事故に遭い、
下半身麻痺を宣告されたのです。

6ヶ月の入院の間に奇跡的に一部の神経が回復しましたが、両手に杖をついての退院でした。
その間、ご主人は病院までの長い道のりを毎日通ってくださり、手厚い看護をされたようです。

でも、その事故の少し前のご主人との会話を、彼女は忘れることができないのです。
「もし、自分が半身不随になったら、おまえはどうする?」と尋ねたご主人に、冗談とはいえ
「そんなの、面倒みきれんよ。」と応えてしまったのでした。

ご主人の献身的な看護を受けながら、そんな些細な会話を思いだし胸が痛み、
身体の痛みと、心の痛みにさいなまれた入院生活だったようでした。

その後、不自由な生活の中でも二人目のお子さんを授かり幸せな人生を過ごしておられたのですが、
そのお優しいご主人は43歳のとき、脳梗塞で帰らぬ人となったのです。

もう、ご主人が亡くなられて10年以上の月日が流れているのだろうと思うのですが、
ご主人の愛に支えられた彼女の心は強く、そして周りの人にも豊かな愛を注いでいるのです。

笑顔の中に込められた、深い愛に触れることができた瞬間に感謝しているのです。

4年前から、自宅近くのフィットネスクラブに通っています。
あまり大きな施設ではないのですが、一応の機材や優しいインストラクターの方々がそろっています。

その施設で、一番気に入っているのはヨガ教室です。
そのヨガは、ストレッチヨガといって、全身の筋肉をストレッチしながら柔軟性を鍛え、筋肉量を増やすことを基本としているようです。
運動神経皆無の私にも、柔軟性はあったらしくこの教室は私のライフワークになっています。

その教室での。先生との会話は私の生活に大きな影響を及ぼしています。

呼吸、一つをとっても、
胸を膨らませて深く吸い込みゆっくりはき出す
お腹を膨らませて深く吸い込みゆっくりはき出す。
背中を膨らませて深く吸い込みゆっくりはき出す。
下腹部を膨らませて深く吸い込みゆっくりはき出す。
是非、やってみてください。意外と深く吸い込むことも、ゆっくりはき出すこともできないことが分かります。
この時、肩は下げていないといけません。いかり肩になってませんか~?

自分の身体なのに足の指も上手に動かせません。
全身の筋肉は自分のものであって、自分がコントロール仕切れていないものであることが分かります。

先生は、ストレッチするとき
「自分の身体をみつめてください、口に出して表現してください。」とおっしゃいます。
”あ痛たたたっったった・・・””足の後ろが・・・””背中が・・・・”なんて具合です。
そうすると、右と左の柔軟性と筋肉の強さの具合が分かるようになります。

そして、もう一つ生活に役立つ事があります。
「いやな人に接するときは”肛門を締める”」と言うことです。
肛門を締めると、
背筋が伸びます。
おへその下、の丹田(たんでん)に力が入ります。
そして、何故か顔はしっかりとした笑顔になるのです。

ヨガの先生は、常に刺激と感動を与えてくれます。
身体の柔軟性と筋肉を鍛えると、その中にある心の柔軟性と強さも鍛えられるようです。
一つのことに集中し、こんな感動を示すことができる人にいつも感謝しているのです。


10月なのに、昨日の雨は蒸し暑さを感じていました。
暑くてもさすがに、夏の服装では・・・なんて思いながら、季節が変わるたびに去年はいったい何を着ていたのだろうと、考えてしまします。

今日は、リンプルの話をします。
リンプル・・・ってご存知ですか?
缶ビールや缶ジュースの飲み口のリングのことです。

アルミの相場もあるので一概には言えないかもしれませんが、リンプルをドラム缶いっぱい集めると車いす1台になると聞いたことがあります。
それからもう、10年以上リンプルを集めています。

集めていると言っても、一人の力はしれていますから、
「これ集めるとね。」なんて、お話ししていくことしかことしかできないのです。

ありがたいことに会社のリンプル入れの中にも温かい心が集まっていますし、
「これね。」と言って届けてくださる方もいらっしゃいます。

そして、何よりありがたいのは数年前にリタイヤした、上司がわざわざ郵送してくださるリンプルです。
リタイヤ後に地域のボランティアに勤しまれ、通学途中の子供たちを交通事故から守る運動もされていました。
そんな活動で知り合ったお仲間たちや子供たちが、リンプルを持ち寄ってくれていたようで、半年に1度、段ボール箱いっぱいのリンプルがメッセージと共に届いていたのです。

しかし、その後上司は血液の病気にかかってしまわれました。
かなり重篤な病でしたので、なすすべもなく心配している私に、その後もこのリンプルは届き続けているのです。

仕事をしているときにも、その方の生き方は誠実で温かいものだったのですが、仕事を離れたのちに届けられるこのリンプルにとれだけの励ましを受けたことでしょう。
そして、いつまでも部下を思い続けてくださる姿勢に頭が下がるのです。

この素晴らしい方との出会いに、感謝せずにはいれません。
そして、身をもって指導してくださっているその生き方を、学びたいと思っているのです。

出だしの文章が、すーっと出てこない日は書き始めることに時間がかかります。

今日はプラス思考の先に見えているものをお話しします。
プラス思考は良いことのように思われがちですが、大きな落とし穴があるようです。

プラス思考は
1.先を読む力が確証のないものになること
2.プラス思考で考えなければならないことは、弱い部分であることが多いこと
3.プラス思考は周りがみえていないことがあること

プラス思考で進めていることは、”大丈夫できる”という確証のない思い込みがあります。
その思い込みには、十分なイメージは描けていないように思います。

また、自分の得意な部分はやり始めるときから、かなり先までのイメージが描きやすいので、
プラス思考が必要なときはそれほど得意でないことの可能性が高いように感じています。

そして、プラス思考でいるときは”大丈夫”なんて曖昧な感情に惑わされ、
躊躇したり、迷ったりしている周りが見えずにどんどん先に走り出しています。

プラス思考で考えられるときほど、慎重になる必要がありそうです。

でも、プラス思考で考えられるときは、充実感を感じていますから、
楽しみつつ、おぼれることなく、進めて行くことが大切だと思えてきました。

プラス思考の人は慎重な人と協力し合う・・・
そうするとプラス思考の人は、その慎重さに助けられその人のフォロアーになる。
また、慎重な人はプラス思考の人の強いフォロアーになることができるように思うのです。


こんな、すてきな人たちを見つけてフォロアーになりたいと思っているのです。

雨が降るという気象情報に、期待していても、それほど降らない雨にちょっと涼しさも先延ばしになったような残念な気持ちです。

今日は理解することを、お話しします。

理解を辞書で調べてみると
1.物事の道理や筋道が正しくわかること
2.他人の気持ちや立場を察すること
3.了解「2」同じ
とあります。

了解「2」には、「ドイツのディルタイ哲学で、文化的、歴史的な物を生の表現とみなし、その生を追体験によって把握すること」と書いてあります。

ディルタイ哲学なんて、私は初めて聞きました。
ネットで調べてみると、 科学には二つの側面があるようです。
自然の有り様を説明する科学・・・自然科学
人間の作り出した物を説明する科学・・・歴史科学、文化科学

ディルタイは「生の哲学者」と呼ばれていて、
「人間は知ることにつきるのではなく、むしろ生きることによってこの世に存在する。
文化や歴史は人間が世界を生きることで生み出されていく。」と語っています。

難しいことは分かりませんが、歴史の営みの延長線上に今の暮らしがあることは分かります。
よく「歴史は繰り返される」という言葉も耳にします。

今を生きるために、歴史から学ぶことをディルタイは理解と呼んでいるのでしょうか。
その時代を生き抜いた人の歴史を学ぶことが、今を生き抜くための手立てとなるのかもしれません。

理解すると言う言葉も、なかなか意味の深い言葉でした。

昨日はゴルフに行きました。
この暑さの中、いったい何が面白いのか・・・なんて
思われる人もたくさんいらっしゃることでしょう。

ゴルフの楽しさは、目標があることだと思います。
明確な目標に向かって、自分の力を考慮しつつどこを狙うかを考えます。
風はどうなのか、芝目はどうなのか、傾きはどうなのか・・・
たくさん飛ばしたいことは、やまやまなのですが、それがすべて良しではないことも多いのです。
また、それほど親しくない人たちとプレーすることもあります。
ゴルフはスコアーの善し悪しも重要なポイントなので、その日に実力が出せていないと、
不機嫌になってしまう人とプレーしなければならないこともあります。
また、自分自身も練習もしていないくせに、スコアーが思い通りに行かないときは自分の殻に閉じこもっていることがあります。
どんな状況でも、相手のペースを乱さない真摯な姿勢を持つ人とプレーできたときに、スコアー以上の充実感を抱くことができるのです。

ちなみに、私のスコアーは・・・もっと、頑張らなくっちゃぁ!・・・


今日はアルゴリズムを磨く話をします。
”アルゴリズム”ってご存じでしたか?
私は先日、PCのメンテナンスをしていただいている方と話をしていて、初めて耳にしました。

「アルゴリズム」というのは、コンピューターなどの分野で計算を行うときの「計算方法」の手順を表現することらしいです。
”アルゴリズム”を磨くとは、何か物事を行うときの「やり方」を工夫して、より良いやり方を考え続けることになります。

”人間は考える葦である”という言葉があります。
葦は、少しの風が吹くとしなり、曲がってしまいます。
でも、風が止むと、また元のように立ち上がることもできます。
人間は、自然や運命の暴威に対し無力ですが、考え続け、そして暴威をくぐり抜けて、また元のように、みずからの姿で立ち上がることができると思っています。
自然界のなかではたいへん弱く、簡単に風にしなったように見えても、実は柔軟性があり、運命にも暴威にも屈しない。
それは、「考えることができる」すなわち「精神を持つ」ことで、ただの自然の力、暴威として無自覚に使う力に較べて、遙かに賢明で、優れた存在となることができるということになります。

考え続けることが、大切なようです。
今日も未来に向かって考え続けて行きたいと思っています。

お休みなので、ゆっくりとした朝を迎えています。

私は夏生まれだからか、寒い冬より暑い夏が大好きです。
そんな私も、いささか今年の夏は”熱すぎ~!”と大声を出してしまいそうです。

今日はセルフイメージを高めることをお話しします。

セルフイメージとは"自分が思う自分の姿"です。
以前、このブログでも「過去は変えられるが未来は変えられない。」という話をしました。
エッ! 逆じゃないの?
と、思う人は大勢いらっしゃるでしょう。私もその一人でした。

人はそれぞれ、大小のトラウマを経験して今に至っています。
思いがけず人に嫌われたり、
頑張っても成果が出なかったり、
小さな時から孤独な環境であったり、
貧しかったり・・・

これらは悲しく、辛く、寂しいことですが受け止めなければならないことでも有ります。
そんな時、人は”だめだ”とか”一人だ”とか思い込んでしまいますね。
そして、あの時こうだったらとか、この時こうだったらと過去を変えることを繰り返してしまいます。

でも、考えてほしいのは、悲しく、辛く、寂しいことにとらわれ続けていると、セルフイメージを低くしてしまうと言うことです。
そして、低くなったセルフイメージが未来を変えられなくしているように感じるのです。

人に嫌われてもそれが利己主義から発したことでなければ良しとする。
頑張っても成果が出なくても頑張ったことを良しとする。
小さな時から孤独であっても、孤独から抜け出すことの幸せを知り、孤独な人の心の痛みが分かることを良しとする。
貧しければ、悪にも善にも利用できるお金の価値を知っていることを良しとする。

そう考えると、ネガティブな思考が有ればこそ、ポジティブな思考に変わることができように思えてくるのです。

利他主義をみがくイメージを持つ
頑張り続けられるイメージを持つ
いつも仲間がいるイメージを持つ
生活プラスアルファーのお金で、社会に貢献するイメージを持つ

少しずつ良いイメージを積み重ねることによって、知らないうちに、セルフイメージが高められる気がしてきました。

周りいるセルフイメージの高い人に何か頼み事をしてみてください。
自分が求める物以上の結果が得られることでしょう。

プライドが高いのではなく、本質的なセルフイメージを高めていきたいと思っているのです。





このページのトップヘ