夢塾 ~私の夢探し~

人生を豊かに変える毎日の気付きを書き込みます。

カテゴリ: 研究

そろそろ、秋の気配が感じられるようになりそうな予想が出ています。
今年の暑さが、一時的な現象なのか。
何か将来に大きな影響を及ぼす、きっかけとなるのかと不安も感じているのです。

今日は静かな心でいることをお話しします。
最近、さまざまなことが起きて考えさせられることがあります。
でも何故か、落ち込んでいるのに、静かな心があることにも驚いています。
そして、このような時、周りで支えてくれている人たちも、静かな心で支えてくれています。

ともすれば、ひとりであるように感じてしまうのですが、決してそんなことはありません。
そんな人たちの思いは、静かな心の側に立つ木立のようです。
そして、その木立から朝の露のしずくが一滴・・・静かな心に落ちてきます。
すると豊かな波紋が広がり、心が温かくなるのです。

どんな時にも希望を忘れてはいけませんね。

人は成長して行くと信じています。
そしてそれ以上に、成長したいと願っているのだと感じています。

常に周りの人がお互いを思いやり助け合う・・・
そんな姿にあこがれ、そうしている人を見ると些細なことも喜びに変わっていく

このために、私にとっても成長するときが来たのだと強く感じているのです。
そしていつか、静かな心の側に立つ木立でありたいと思っているのです。

会計の仕事をしていると、数字「9」の不思議に出会うことがあります。

何かの金額が合わないとき、まずその差を「9」で割り算してみます。
もし、割り切れたら入力ミスではないかなぁ~と、先ずは考えてみます。

例えば、その日の現金と現金元帳に270円差があり、元帳の方が現金より多かったとします。
そうすると270÷9=30・・・3+0=3

現金が合っていると仮定すると、元帳の入力が270円多いことになりますから、
百の位と十の位の数字を比較して、百の位が十の位より「3」多い入力情報を探すのです。
410,520、630、740、850、960です。(1桁目は何が入っていても先ずは無視します。)
そして実際入力しなければならなかった数字と検証してみると、
140、250、360、470、580、690が正しい数字だったということが多々あります。
そうなると、始めの入力との差が270円が見つかることになります。

この感覚を覚えると、入力ミスはアッという間に見つかることが多くなります。

「9」という数字は神秘的な数字ではないかとも思えてきます。
「9」=苦しむ といわれてあまり好かれない数字なのですが、私にとっては気付きの多い数字となっているのです。




笑顔でいることを、とても大切に感じています。

何故か笑顔でいると、プレゼントが付いてくるように感じるからです。

・自分から話しかけなくても、会話が始まります。
・優しい言葉が返ってきます
・素敵な笑顔が返ってきます
・自分の思いが伝わります
・自分を理解してもらえます
・相手に印象が残ります


また、笑顔でいると、身体にも良い影響が生まれます。

笑顔でいると、免疫機能活性ホルモンの分泌し、がん細胞等の悪い細胞を死滅させます。
笑顔でいると、ベータエンドルフィンの分泌し免疫力がアップします。
笑うと腹式呼吸になり自律神経を整えます。
笑うと横隔膜が鍛えられ肺を強化します。
笑顔と笑いは顔の筋肉を鍛えシワを防止します。

毎日を笑顔(作り笑いでもOK!)で過ごしてみてください。
きっと、素敵なプレゼントが届くはずですよ。


今日は単純に考えるための、”コツ”についてお話します。

私が”単純に・・・” ”単純に・・・” と呪文を唱えていたとき、行きついたのはロジカルシンキングと言う考え方でした。

Logical(論理的、筋が通った)、Thinking(思考)・・・ですね。

人間は、自分の頭で考えている事なのに頭の中の引き出しが整理・整頓できていないのだと思います。

整理:必要ないものを捨てる事
整頓:必要なものをすぐ出せる事

この引き出しの中を、整理・整頓してくれる考え方がロジカルシンキングなのです。

今、考えている事にこの情報は必要か必要でないか・・・・
これが、単純に考える”コツ”となります。

ロジカルシンキングを学んでいくと、過去に上手く出来たことは無意識にこの考え方を使っていることに気づき へぇ~!と驚ろきました。

良く売れている本、
なるほど!と合点がいく説明をする解説者など
そのような方々は、このロジカルシンキングに基づいて考えていらっしゃることが分かり始めます。

今日はロジカルシンキングの中から「MECE(ミーシー)」の考え方とはどのようなものかを説明した、ピアス・マネージメント㈱さんが提供しているYou Tube動画を載せてみました。

日常生活の中で、この「MECE」(もれなくダブりなく)で描くマトリックスを利用すれば、問題を”単純”に落とし込むことができ、その問題を解決する糸口も見えてくるかも知れませんね。

そういう私も勉強中!みなさん、頭の中を「MECE」化しましょう。


ピアス・マネージメント㈱

このページのトップヘ