まだまだ暑い日が続いています。

イタリアから里帰りしている友達に電話をしました。
毎日のあまりの暑さに、せっかく帰ってきたのに外に出かけていないというのです。
そして、その理由が・・・
「だって、化粧をして出かけようと思っも、右の眉を書いて、次は左と思う頃には、暑さでだらだらと右の眉の化粧は落ちてるんだもん。どこに行けやしない。」
いつも、ユーモアのある友達に感謝しつつ、その姿を想像して電話口でゲラゲラと大笑いしてしまいました。

今日はイメージ力の話をします。
今まで、大きなことでも小さなことでも”うまくできた”と感じるときには、”うまくいかない”と思うときと何が違うのでしょう?

私は最近それは、イメージ力の差ではないかと感じています。
些細な仕事でも、新しい事を始めるときになんだかモタモタしてしまうことがあります。
「何で、毎月うまくいかないのだろう?」
そんな時は、自分の仕事はもちろん、それにつながる回りの仕事も頭の中でイメージが描けていないのだと気付いたのです。

入社したての頃の、「業務フローを書きなさい」とよく言われました。
訳も分からず、書き方も分からず試行錯誤しながら書いたものです。
でも、その作業はその後に役立っていたようです。

でも今、したい思っていることのイメージがまだ描けていない事が悩みです。
描けていないので、進む方向もビジョンも明確にできていない・・・
できれば、私が矢面に立つのでなく、できるだけ多くの人が、みんなの描く理想の組織に近づいていることを、ワクワクしながら実感できるようにしていきたいと考えているのです。

まずは、自分のイメージを子供の頃に読んだおとぎ話の世界観ほどに、膨らませて行きたいと考えています。

そしてそれを、はじめは「何、言ってんだ!」と思っていても、現実として少しずつ変化を感じる事ができれば、それが臨場感となり、自分たちで組織を変えることがきると思ってもらえるのではないかと感じているのです。

まずは、ユーモアの心を忘れずにイメージを描いて行きたいと考えているのです。