夢塾 ~私の夢探し~

人生を豊かに変える毎日の気付きを書き込みます。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かすさあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
著者:マーカス バッキンガム
販売元:日本経済新聞出版社
発売日:2001-12-01
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

まだまだ、ブログ初心者です。
見てくださっている方々、コメントをくださっている方々、有難うございます。励みになります。

今日は、iTunesのStoreのpodcastと言う無料配信の中から中村文昭さんをご紹介します。

中村文昭さんはpodcastで「みるみる元気がわいてくる」と言う配信をしておられます。

中村文昭さんはそこで、人との繋がりを大切に活動をしているしている方々を数多く紹介しておられます。
人と繋がりを大切にするご自身の生き方もしかりですが、おしみなく人を紹介している所が、ますます共感を持つことができます。

今、29回目の配信まで進んでいますが、このブログを書くに為に、もう一度1回目を聞いてみました。
「短所は味わいに変えればいい」と言う配信です。
小気味いい話の中から、短所はそのままでいいので、長所を伸ばす事を考える事で人生が楽になると言うお話です。

マーカス、バッキンガム&ドナルド・O・クリフトンが書いた「さあ、才能に目覚めよう」という本の中でも、それと同じ事が伝えられていました。
また、この本には、34の資質の中から自分の強みを5つ教えてくれる”ストレングスファインダー”がついています。
ちなみに、私の5つの強みをご紹介します。
 1、着想
 2、運命思考
 3、分析思考
 4、成長促進
 5、活発性
これが、何だか当たっている・・・・見透かされた感じです。

中村文昭さんのPodcastはこのサイトからも聞く事が出来ます。
http://www.sunmark.co.jp/podcast/fumiaki/

「日本よい国」構想 ―豊かで、楽しく、力強い日本を!― (WAC BUNKO 123)「日本よい国」構想 ―豊かで、楽しく、力強い日本を!― (WAC BUNKO 123)
著者:山田宏
販売元:ワック
発売日:2010-04-17
おすすめ度:5.0
クチコミを見る
第3の道 日本人が豊かに暮らせるための答え第3の道 日本人が豊かに暮らせるための答え
著者:山田 宏
販売元:マガジンハウス
発売日:2010-05-13
クチコミを見る

UstreamのAsian gataway channel で、フォトリーディングでお名前を知った神田正典さんと、東京都杉並区の区長の山田宏さんの対談を聞きました。

山田宏さんの明快な考え方には、”う~ん”と唸ってしまいました。
日本人の心の奥底にある、良心と善行への臨場感を呼び起こさせます。そしてそのシンプルで奥深い考え方が、これからの社会を変える原動力になって行きそうで、高揚感を覚え、早速、本を買って見ることにしました。

朝日新聞に横浜市の副市長になる予定の山田正人氏が紹介されていました。
山田氏は通産省に勤めていて、平成16年に第3子を出産した(1子と2子は双子)奥様の代わりに1年間育児休暇を取得されたようです。

仕事を持っている方(男性であり、女性であり)が、1年間もその仕事を休むことは
 ①新しい命に対して、まってましたとばかり、その育児休暇を楽しめる人
 ②新しい命の誕生は嬉しいが、育児休暇を取ることには勇気がいる人
 ③その、どちらも感じる人
に、分かれるのでしょうか?

その内、大抵の人は②もしくは③であって、①で有る人は本当に一握りの方々なのかも知れません。
でも、①・②の方々も、産休取得の後半には”この産休を楽しめた”と思ってほしいものだと感じました。

山田氏の奥様、西垣淳子さんも産休取得前と後との山田氏の変化を「パパ育児休業体験記」に記載されています。

http://www8.cao.go.jp/wlb/change_jpn/taikenki/h20/sakuhin/yosete.html


確かに、私の周りの家事と育児をしながら働く女性たち、また、共働きの男性たちを見ていると、そのご主人たちや男性たちは常にお手伝いをしているだけのようです。

だから、お互いにそのお手伝いには不満が有ります。

だって、お手伝いは”他人事”ですから・・・・・



福島正伸さんのどんな仕事も楽しくなる3つの物語の動画を載せてみます。
”夢”はこれでいい・・・・ハードル高くしなくても
~些細なことが人の心を温かく揺さぶる~
こんな人に近づきたいと思います。


ブログなんて・・・・
と、思っていた私が突然始めることにしました。
ほんと、突然・・・今朝、起きた時に思いついたのです。

先ずは、毎日のように聞いているオーディオブックや読書、会社での人間関係、家庭内での介護の状況など、日々の気付きを書き留めようと思います。

これを書きながら聞いているオーディオブックは福島正伸さんです。
「どんな仕事も楽しくなる3つの物語」
職場での実務以外の些細な行動が、人に感動を与え自分自身も楽しくなる事を伝えています。
先ずは自分自身が、今の仕事から何かしらの楽しさを見つけ出すこと。そうすると必然的に、周りの人の生活にささやかな喜びを与えたられる事を伝えてくれています。

今日の一言:
喜べば、喜び事が喜んで、喜び連れて喜びに来る



このページのトップヘ